うなぎの美味しい温め方!人気はレンジ?グリル?それとも・・・

うなぎを食べたい時にスーパーで買うことがありますが、その時は布団思うのがうなぎってどうやって温めて食べるのか?美味しく温める方法はあるのか気になりませんか?

せっかく買ったうなぎを自宅でも美味しく食べたいですよね。

今回は自宅で美味しいけ食べる為にうなぎの温め方を紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

うなぎの温め方で人気の美味しくできる方法が知りたい!

スーパーなどでかってきたうなぎをふっくら美味しく温める方法はどこの家庭にもある魚焼きグリルがおすすめです。

魚グリルは温度が最高400度近くまで上がりパリッと、中はふんわりと焼けるのが特徴です。

我が家では、魚だけではなくピザもグリルで焼くとカリッと、中はふんわり美味しく焼けるんです。そんな魚焼きグリルでうなぎもふっくらと焼く事が出来るのです。

 

 

◼️魚焼きグリルで温める方法

①うなぎのたれを洗い流してキッチンペーペーで余計な水分を取ります。

②次にアルミホイルに薄く油を敷き、そこにうなぎをのせます。

③アルミホイルでうなぎをホイル焼きのように包み込み、グリルで2~3分温めます。

④たれや山椒をかけて完成

 

スポンサーリンク

うなぎの美味しい温め方!やっぱりレンジが良い?

魚焼きグリルでふっくら美味しく温める方法を紹介しましたが、魚焼きグリルは使ったあと洗うのが面倒という方も多いですよね!

もっと簡単に美味しく温める方法は電子レンジです。

電子レンジで温めは簡単ですしさらに短時間ででき使用後も電子レンジを洗う必要もない為、調理も時短になる為、仕事で帰りが遅い方にはおすすめです。

 

 

うなぎの蒲焼をそのままお皿に乗せ、レンジで温めてしまうと水分が飛んでしまい、身が硬くなりせっかく買ったうなぎも美味しくありません。

レンジでうなぎを温める場合は身が硬くなるのを防ぐ為に、うなぎの身にお酒を少しふりかけてから温めるとふっくら美味しくなります。

 

◼️電子レンジで温める方法

①うなぎがのる大き目の皿にうなぎを身を上に向けてのせる。1匹のるお皿がなかったら、半分くらいに切ってもいいです。

②お皿に乗せたうなぎにお酒をふりかけます。この時のお酒の量は大さじ1杯~2杯位で鰻全体にまんべんなくかける。

③ラップを優しくふんわりとかける

④電子レンジで1~1分30秒程かける(約1分10秒くらいが目安で様子をみながら加熱しましょう)

 

この方法で温めると電子レンジでもふっくら美味しく温める事ができます。

 

スポンサーリンク

うなぎの温め方に関西風ってあるの?

実はうなぎの温め方に関東と関西では温め方に違いがあるってご存知でしたか!!

関東では主に電子レンジで温めるのが支流ですが、関西ではフライパンで温めるのです。

関西風のフライパンで焼くと関東とは違うサクッとした食感になるのです。

 

 

◼️フライパンで温める方法

①うなぎが1匹のまんまで、入らなそうだったら、半分にきる。

②まず、アルミホイルをフライパンにひく。アルミホイルそのままではなく少し、クシャクシャにしシワをつけて広げたものをフライパンに敷きます。

③そこにうなぎを身を上に向けて置く。

④うなぎを置いたフライパンに大さじ1杯くらいのお酒を身にふりかける。

⑤蓋をして弱火で3分程蒸し焼きにする(この蓋に水滴がついてくるのが、出来上がりのサインです。)

さらにうなぎの皮を少しパリッっとさせたければ、この後に蓋をとって、少し焼きましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はうなぎの温め方についてお話ししもした。うなぎの温め方は電子レンジや魚焼きグリルやフライパンなどがあります。

温め方にも関東や関西によっても温め方に違いがある事には驚きましたね。関東風はふっくら、関西風はサクッとお好みで焼き方を変えてうなぎを楽しむのも良いですね。

是非、紹介した焼き方を試してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました