日焼け止めは開封後いつまでもつ?塗りすぎると?後処理は?

日焼け止めっていつまでもつんでしょうかね?

あなたの家にもありませんか?開封したまま残ってしまった日焼け止めが・・・。
我が家にも、使い切れずに半端で残った日焼け止めがあります。

出先で日焼け止めを忘れたのに気づいて、コンビニで購入したりしちゃったので、
昨年分で数本も・・。

直接肌に塗って使うものですから怖くもあり、また勿体ない気もあるので
捨てきれずに残っちゃったままというのが実情です。

そこで、日焼け止めがいつまでもつのか調べてみました。

また、日焼けしたくないからって、やたら塗っちゃうんですけど、日焼け止めを
塗りすぎるとどうなるんでしょう?

日焼け止めの後処理ってどうしてます?

そんな日焼け止めの疑問を調査してみました!!

スポンサーリンク

日焼け止めはいつまでももつものではない!

日焼け止めクリームって、絶対日焼けしたくない人が毎日すごい量を使う
という場合を除き、使い切れずに残ってしまうケースが多いのではないでしょうか?

ある意味、どこの家庭にも1本は使い残した日焼け止めがあるのかもしれません。

勿体ないので使いたいですよね。でも、直接肌に塗りますから使用期限については、
とっても気になります。

いろいろ調べてみましたが、結論は「去年残した日焼け止めは使用しない!」です。

日焼け止めっていつまでももつものではないんですね。

 

よく考えてみれば、日焼け止めもコスメでしょうから使用期限があります。

一般的には、未開封なら3年は大丈夫と言われているのですが、開封したものに関しては
3ヶ月~半年くらいが限度です。

要するに、購入したらそのシーズンに使い切ってください、ということです。

我が家に残っていた日焼け止めの容器を見ても、使用期限は書いてありませんでした。
おそらく説明書には書いてあるんでしょうが、よく読みもせずに捨てちゃってます(汗)。

ロート製薬さんの「SUNPLAY」という製品だったので、ホームページで
調べてみたら、以下の通り書いてありました。

「使用状況や保管条件(場所、温度等)により一概に言えませんが、
開封後はなるべく早めに、できれば購入されたシーズン中に使用してください。
また、極端な高温や低温での保管は避けてください。」
https://jp.rohto.com/support/faq/sun-care/

また、粉の製品と比べると、水分のあるコスメの方が劣化が早いそうなので、
やはり日焼け止めは、使い残しの使用はNGですね。

一度開封して空気に触れると酸化が進むでしょうし経年劣化もあるでしょう。

もし、運が良く保存状態も良くて、変な匂いもないしクリームと油の部分が分離
してたりしていないので、大丈夫のような感じだとしても、念のために顔ではなくて
腕などで試した方が良いでしょう。

もちろん、シーズンで使い切るのは、日焼け止めクリームだけでなくスプレータイプ
でも同じですので、念のため。

関連記事がありますので参考にして下さい。
⇒日焼け止めの日持ちってどれくらいなんだろう?去年のは使える?

スポンサーリンク

日焼け止めを塗りすぎるとどうなる?

絶対に日焼けしたくない!!

そんな思いで1日に何度も日焼け止めを塗った経験のある方も多いのでは
ないでしょうか?

でも、日焼け止めを塗りすぎて肌荒れしていませんか?シーズンを通して
日焼け止めを塗りっぱなしという生活を続けると、肌がガサガサになっちゃいます。

そうです。「日焼け止めを塗りすぎると肌が荒れる!」というのが結論です。

 

 

ここまで来ると、肌荒れした方が日焼けするよりは良い、という気持ちでしょうか?

でも、注意した方が良いです。日焼けも肌荒れも、どちらもシミやシワができやすく
お肌の老化につながってしまうかもしれません。

ただし、日焼け止めを塗りすぎるのがいけないといっても、全員の肌が荒れるわけでも
ないようです。

やはり敏感肌の方は肌が荒れやすいのかもしれません。

最近は、敏感肌用の日焼け止めやスプレータイプの日焼け止めなども売っているので、
いろいろと試してみるのが良いでしょう。

スプレータイプの日焼け止めには、メイクの上からでも大丈夫というものもありますから、
お手軽かも・・・。

 

人によっては、3000円くらいの高級な日焼け止めを購入して使ってみたら肌荒れが
しなかったそうです。

肌荒れして皮膚科を受診することを考えたら、3000円の日焼け止めは決して
高くはないかもしれないですね。

あとは、ベビー用の日焼け止めクリームという手もあります。赤ちゃんにも使用可
なわけですから、敏感肌も大丈夫そうな気がします。

 

もう一つ意外な理由も考えられます。

日焼け止めには、成分の中に金属や紫外線吸収剤が含まれるものがあるようです。
そういった日焼け止めだと、金属アレルギーをもっている方は肌荒れします。

購入の際には、成分表をしっかり確認してください。

 

あとは、日焼け止めを塗りすぎると肌荒れをすると言うよりも、根本的に肌のお手入れ
として日焼け止めを完全に落としきっていない場合や、落ちにくい日焼け止めを無理に
クレンジングして乾燥してしまい肌荒れを起こしている方も多いです。

塗りすぎを心配するのと同時に、日焼け止めの落とし方をきちんとするというのも、
肌荒れ対策になります。

 

スポンサーリンク

日焼け止めの後処理ってどうする?

日焼け止め対策はすごく頑張るけど、日焼け止め後の処理をささっと
終わらせてしまう方って少なくありません。

日焼け止めの後処理って、かなり重要です。きちんと落としておかないと
肌荒れの原因になりますからね。

 

 

基本的には、クレンジングミルクを使うかふくタイプを使うかの選択です。

結局は好みということになるんでしょうが、どちらにもメリットと
デメリットがあるんです。

クレンジングミルクは、ちょっと落ちにくいという面もあるのですがは肌には
とても優しいです。

一方、拭くタイプは擦ってしまうので肌を傷めやすいのですが、いつでもどこでも
という手軽さがあります。

一長一短がありますから、これに関しては好みとか使い心地とかで判断
するしかないですね。

ただし、いずれの場合でも日焼け後の乾燥はかなりのものですから、化粧水などで
潤いを補充することをオススメします。

 

さらに詳しい日焼け後の処理方法はこちらのページでどうぞ⇒日焼けあとのケアは超大切!!美白を守るためにやらなければいけないことは?

スポンサーリンク

日焼け止めはシーズンで使い切る&塗りすぎ注意!

日焼け止めはただ単に塗れば良いというものではありませんね。
塗りすぎれば肌荒れを起こすし、きちんと後処理をしないとやはり肌荒れしちゃいます。

また、日焼け止めはいつまでももつというもでもありませんから、取り扱いの
最大の注意点はそのシーズンで使い切ることです。

SPFやPAを気にする方はとても多いですけど、それよりも適切な日焼け止めを使って、
残して持ち越したりせず、使用後はきちんと後処理をする、そして塗りすぎない・・・、
こういった基本的なことを守って使うのが一番なんだと思います。

 

日焼け止めを塗りたくても、すごい汗かきで困っているという方も意外と多くいらっしゃいます。こちらの記事を参考にしてください。

⇒乾燥肌なのに汗かき!?ファンデーションはどうしたら良い??

 

 

タイトルとURLをコピーしました