乾燥肌なのに汗かきならファンデーションはどうしたら良い?

乾燥肌なのに夏になると汗でファンデーションがドロドロになってしまう経験ってありませんか?いくら汗を拭いてもどうにもならない事ってありますよね!!

汗のせいでファンデーションはヨレるわ、眉毛はいつの間にかなくなってるわ、マスカラが下まぶたに移ってパンダ目になるわ、本当夏の化粧は最悪ですよね!!

一方、街を歩いていると真夏でも涼し気でメイクも崩れていない人を見ると、どんなファンデーションをつかっているのか?聞きたくなりますよね!

今回は乾燥肌にもかかわらず夏になると汗のせいでファンデーションがドロドロ、ヨレヨレになってしまう原因や対策方法を紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

汗かきの顔にバッチリのファンデーションの選び方!

まずは顔汗を抑える対策からお話ししましょう。

汗を抑える方法で一番効果的な方法は、上半身のアイシングです。首やワキの下、デコルテ付近を中心に、保冷材や冷たいペットボトルなどを使って冷やし全身を巡る血液やリンパ液を直接冷やすことができるのでおすすめです。

クーラーや扇風機の風を当て顔汗は抑えることも可能ですが、汗が蒸発するときに肌の水分も一緒に奪われてしまい、肌が乾燥してしまいますのでおすすめはしません。

夏場にあったファンデーションの選び方にはポイントがあります。

ポイント①:夏も保湿をする

暑い夏は汗もかきますし、皮脂も気になります。さらに、夏はエアコンをつけるため、乾燥が気になります。

外で汗をかいたあと、エアコンが効いた室内に入った後の肌は乾燥します。ファンデーションを綺麗に塗る為にも夏場しっかり保湿をしベースを作りましょう。

 

ポイント②:油分が少ないものを選ぶ

特に夏場は皮脂分泌が多くなります、汗もかきますので、油分が少ないものを選びましょう。

夏に油分が多いファンデーションを使用してしまうと、化粧が崩れの原因になります。水分ベースのものや、皮脂対策がされたファンデーションを選ぶのがポイントです。

 

ポイント③:夏の紫外線対策

ファンデーションそのものにも夏の紫外線をブロックしてくれるファンデーションがあります。紫外線対策のSPFなどの記載がなかったとしても多少であれば、夏の日焼け止め効果が期待できます。

 

夏場のメークにも普段より一工夫をするもの崩れにくくなります。

【リキッドファンデーションの場合】

リキッドファンデーションは、カバー力が高いイメージがありますが、時間がたつとヨレてしまいます。

顔全体にまんべんなくカバーしようと重ねぬりになってしまうことが化粧崩れにつながります。

リキットの場合は、直接肌にのせるのではなく、一度手の甲にとってからスポンジまたはブラシを使って伸ばすようにすると、ムラなく肌にフィットし化粧崩れも防げます。

 

【パウダーファンデーション】

パウダーファンデーションは汗などの水分によって浮いて崩れてしまうのが難点です。基本的に薄づきなので、つい何度も重ねて厚塗りしてしまいこれも化粧崩れを起こす原因です。

パウダーファンデーションを使う場合は、気になる部分は先にコンシーラーでカバーし。その後パフやブラシで薄くすべらせるようにパウダーファンデーションをのせるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

汗かきのそもそもの原因って女性の場合は何?

乾燥肌でも顔汗をかきやすい人や原因はあるのでしょか!

汗をかきやすい人の特徴は

・肥満体型
・辛いもの好き
・ストレスに弱い
・運動不足
・新陳代謝が良い
・更年期障害
・多汗症
・大きな病に隠れたサイン

これらの原因で乾燥肌なのにも関わらず顔汗をかいてしまう理由なのです。

 

まずは自分の汗の原因を知ることが大切です。ただの汗と思っていてもその汗には原因があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は特に女性の方に悩みが多い夏場のファンデーションについてお話ししました。

乾燥肌なのに何故が顔に汗をかきいつのまにかにファンデーションがドロドロになってしまいどうしようもないない経験はありますよね!!

 

乾燥肌なのに顔に汗をかいてしまうのは理由があります。しっかりと自分の汗の原因をしり対策をしましょう。

 

*日焼けには十分注意してくださいね。お肌の大敵です!
⇒日焼けあとのケアは超大切!!美白を守るためにやらなければいけないことは?

 

 

タイトルとURLをコピーしました