日焼けあとのケアで美白を守るためにやらなければいけないことは?

もし、日焼けした後にしっかりケアをしなければ、シミの元ができてしまったり、メラニンの生成が行われ、そばかすができたりして「美白」とは言い難い肌になってしまいます。

逆に言えば、日焼けをしてしまっても早いうちに、正しくケアを行えば美白が保てるということですね!

このページでは、日焼け後のケアで美白を守る方法をお伝えしていきます。

素早い対処が大事ですよ!参考にしてください。

 

スポンサーリンク

日焼けあとのケアをしないと美白が台無しに・・

「日焼け」なんていうと深刻な雰囲気は微塵も感じられないですが、本当は肌が火傷を負った状態であるということなんですよね。

そう考えると、いつも通りのお手入れの方法では、日焼けあとのケアとしてはかなり不十分であるというのはちゃんと納得できます。

たくさん浴びた紫外線によって、シミができるというのはほとんどの人が知っている事実ですよね。ただ、シミはすぐにはできないので、将来的にできるだろうけど現実味を帯びずに、日焼けあとのケアを丁寧にできてない人が多くいるのも事実です。

ですが、美白を脅かすのは、シミやくすみなどのメラニンによる影響だけではないので侮ってはいけませんよ。

しっかりと日焼けあとのケアをしなかったら、焼けた状態の肌は乾燥がどんどん進んでいってしまいます。そうすると、ハリが失われていき、シワまでもが目立ってくるようになってしまうのです。

 

スポンサーリンク

日焼けあとのケアで美白をキープするお手入れ方法

美白を守るために日焼けあとのケアとしてすべきなのは、

1冷やす

2優しく洗顔

3化粧水で水分を与える

4美白ケア

5保湿

のような丁寧なお手入れです。

まずは焼けてしまった肌を冷やすことがとても大切です。冷やすのは早ければ早いほど良いのですが、この点は普通の火傷と同じですよね。

日焼けをしてしまった場合には、なるべく早く冷やすように心がけましょう。

 

肌はかなりダメージを負っているので、洗顔もすごく優しく洗うようにしてください。たくさんの泡で強く擦らずに洗えれば理想的ですね!

化粧水は、たっぷりと良いものを塗りましょう。少し刺激の強いものや、塗ったことのないようなものはトラブルの原因になるので、なるべく避けるようにしてください。

もし、ヒリヒリしていたり痛みが強い場合は、控えておいた方が良さそうですよ!美白を失うことよりももっと大変なトラブルになりかねないので、無理は禁物です。

 

もし、美白ケアのシートマスクや美容液などが用意できれば、より良いケアになります。

ビタミンCやハイドロキノンなどの成分が含まれているものに美白ケアの効果があるので、成分にも注目してみるといいですよ!

化粧水や、乳液なども美白ケア用のものがあるととっても良さそうですね!

 

あとは保湿ですが、与えた潤いが逃げてしまわないように、しっかりと閉じ込めるように意識して丁寧に行うようにしてください!

ここが甘いと、せっかく丁寧にケアをしてきても台無しになってしまいますよ。

 

スポンサーリンク

日焼け後のケアにワセリンが有効って本当?

日焼け後のケアにワセリンは有効と言われています! 原油が成分のワセリンは、かなり保湿力に優れています。

上記でも、日焼け後のケアのうち最後の最も大切なところとして「保湿」が大事だと紹介しました。

その保湿の段階で、ワセリンを使用することで、化粧水や美白のスペシャルケアで与えた成分などをしっかりと閉じ込めることが可能です!

乾燥を防ぐことがとても重要なのでしっかり保湿を行なっておきたいですが、ワセリンを使用すれば、かなりの保湿力なので、これ一つで乾燥の心配はなくなりますね!

 

ただ、ワセリンは万能だと思い込んでワセリンだけでケアを終わらすようなことはやめてください。日焼け後に限らず、普段からですよ!

たしかに保湿力はかなり長けていますが、乾燥した肌への水分補給はできません。しっかりと化粧水などで潤いを与えてから、その上にワセリンを塗って蓋をするようにしてください!

 

ちなみに、ワセリンも「白色ワセリン」と「黄色ワセリン」の二つの種類に分けられます。

日焼け後のダメージのある肌に使用するには、白色ワセリンを使用することが好ましいと言われています!黄色ワセリンは、精製度が低いのでこの場合は避けるようにしてくださいね。

白色ワセリンは、医薬品に部類され、病院でも処方されるれっきとした「クスリ」です。

いくつもの成分が混ぜられていたり、難しい成分が含まれているわけでもないので、敏感な日焼けの後でも安心して使用することができますね!

 

スポンサーリンク

まとめ

日焼け後の肌はとても丁寧にケアをすべきだというのがよく分かりましたね!

うっかり日焼けをしてしまっても、遅すぎることはありません。ちゃんとケアができれば美白は守ることができます。

ワセリンや美白ケア用品の他にも、肌を冷やせるように保冷剤や氷を常備しておくことを忘れないようにしましょう!

 

日焼けを防止する方法だけではなく、日焼けをした後のしっかりとしたケアの仕方を知っておくことで、紫外線や日差しを恐れることなく、外出が楽しめるといいですね!

 

タイトルとURLをコピーしました