部屋の暑さ対策に効果的な家電は扇風機と除湿機(エアコン以外で)!!

部屋の暑さ対策をする家電といえばエアコンですが、扇風機の能力もなかなかのものですよ!

最近注目されている扇風機を夏の暑さ対策として上手に利用してみませんか?

もちろん昔からの使い方として、直接風を浴びて冷たさを感じるのも良いですが、部屋の熱を外に出したり、エアコンの風を部屋全体に行き渡らせたり、空気の流れを作るのにも役立ちます。

また、扇風機単体ではなくて、濡れタオルや霧吹きをプラスすることで、強力な冷却家電にもなります。

部屋の暑さ対策の家電として扇風機を大いに見直してみませんか?

スポンサーリンク

暑さ対策の家電 部屋を快適にするなら扇風機が効果抜群!

暑さ対策の家電といえばエアコンか扇風機が定番です。と言うかこの二つの家電がなければ日本の夏は乗り切れません。

このページでは扇風機を一押ししますが、何もエアコンが悪いわけではありません。ただし、設定温度が低すぎたり長時間あたっていたりすれば、カラダにも悪影響があるでしょうし電気代も馬鹿になりません。

そこで暑さ対策の家電として扇風機の存在感が増すわけです。

 

扇風機は、その部屋の空気を風に変えますから、そもそも部屋の温度が高いときにはぬるい風が吹いてきて、期待したほどの効果が得られない場合もあるでしょう。

ですので、外出から帰ったら窓を全開にして熱い空気を放出させるとか、まずはエアコンを稼働させて部屋を一旦涼しくするとかした後に扇風機を使います。

このように使い方に工夫をすることで扇風機を回せば、それでも十分に涼しくて快適に過ごせますよ。

また、最近の扇風機はただ単に風を送るだけでなく冷たい空気を出セル機能付のものもあります。一昔前の扇風機の機能とは比べものにならないくらい進化しています。

家電量販店などに行けば、数多くの種類の扇風機が並んでいます。その中からあなたの部屋に合った扇風機を選んで下さい。

よっぽど大型の扇風機でなければ、持ち運びが出来るというのも大きなメリットですね。部屋を移動するたびにその部屋のエアコンを稼働させるのも非効率ですし、そもそも各部屋すべてにエアコンが設置されているとは限りませんから・・。

リビングでくつろぐ時やちょっとした仕事をする時、寝る時など扇風機を持っていけば、常に涼しい風を流せます。

そして、なによりも電気代がわずかなのは嬉しいですよね。

ぜひ、扇風機とエアコンの併用をお勧めします!

スポンサーリンク

暑さ対策で扇風機を使うとき濡れタオルや霧吹きをプラスすると効果大!

扇風機そのものの風で冷気を求めるだけでも良いのですが、酷暑になってくるとそれだけでは満足な涼しさを得られないでしょう。

そんなときには、扇風機だけではなく濡れタオルや霧吹きなどをプラスするとその効果がとても高くなります。

扇風機+濡れタオル

まずは濡れタオルです。

どのように濡れタオルを扇風機に当てるのかを説明します。

軽く濡らしたタオルで凍らせた保冷剤をまきます。次に保冷剤をまいた濡れタオルを網などに入れて下さい。それを扇風機の羽根の後部に固定するだけです。

S字フックを使ったり軽く縛り付けるなどの方法で良いでしょう。

こうすることで扇風機だけを回していたときよりもかなり涼しさを感じられます。

保冷剤がないときには、冷蔵庫で冷やしたペットボトルでも代用できます。ペットボトルの場合には完全に凍らせなくても大丈夫です。

同じように、冷やしたペットボトルを濡れタオルでくるんで使って下さい。

扇風機+霧吹き

次に、霧吹きを扇風機組み合わせる方法です。

この方法には、扇風機に霧吹きで水を吹きかけるのと、自分に霧吹きで水を吹きかけるという2類の方法があります。

まずは扇風機に霧吹きで水を吹きかける方法ですが、これは扇風機全体ではなくて扇風機の羽根に水を吹きかける方法です。ショートするといけませんので羽根意外には水をかけないで下さいね。

その後にスイッチをオンすれば普通よりも涼しい風が出ます。

次に、自分に霧吹きで水を吹きかける手法ですが、手法というほどのことはなくて(笑)Tシャツなどに霧吹きで水を吹きかけるだけです。

その状態で扇風機にあたると、かなり涼しいです。

中には、びっしょりするくらい濡らす方もいますが、シャツが乾いてきたらまた軽く霧吹きの水を拭きかけるくらいが一番良いでしょう。

スポンサーリンク

夏の除湿機って意外と涼しい!

夏の暑さ対策の家電といえばエアコンと扇風機が代表的なものです。皆さんほぼこの2つで対策をしようとすのかもしれません。

でも、もう一つおすすめの暑さ対策家電があります。

それが除湿機です。

からっとしない日本の夏は、梅雨の時期のジメジメ空気が暑さを倍加させます。また、カラッとせずにそのままジメジメの暑さを引きずる感じです。

そんなときに除湿機はおすすめ家電になります。

デシカント式とコンプレッサー方式、また両方を併せ持ったハイブリッド式などがあります。

ハイブリッド式はちょっと高価ですので、夏場ならコンプレッサー方式の除湿機が良いでしょう。

コンプレッサー方式の除湿機なら、かなり強力に除湿してくれます。人間は、湿度が下がると体感温度も下がります。ある程度の効果はあると思います。

エアコンの冷気がダメな方は、扇風機と除湿機を組み合わせると良いかもしれませんね。

涼しい気持ちを体感できるだけでも、暑さ対策の家電としては合格ではないですか。

スポンサーリンク

まとめ

さすがにエアコンが一番涼しいですから暑さ対策の一番手かもしれませんが、意外と多いのがエアコンが苦手の方です。

そんな方には、やはり扇風機が一番です。工夫次第でかなり冷んやり出来ることが分かっていただけたでしょう。

全くエアコンを使わないということではなくて、エアコンと扇風機を両立させていくのが、健康にも電気代にも良いんじゃないかと思います。

 

他にも扇風機の情報があります。参考にして下さいね!

⇒タワー型とダイソンの扇風機の掃除の仕方を教えます!
⇒扇風機とエアコンの電気代は扇風機がずっと安い その差10倍??
⇒扇風機を掃除したいけど前カバーを外せないし分解できない 外し方は超簡単!

 

タイトルとURLをコピーしました