赤ちゃんの寝室での暑さ対策!寝具や布団は?エアコンは?

赤ちゃんの寝室での暑さ対策、特に夏の夜の暑さ対策は大変です。

エアコンは使って良いの?それともカラダに悪いの?お布団はどういったものが良いの?エアコン意外の暑さ対策は?

いろいろ気になることばかりです。

赤ちゃんの寝室での暑さ対策や、寝るときの注意点。また、暑さ対策になる寝具の情報などをまとめました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの暑さ対策 寝るときの対応は?

赤ちゃんって夜暑いと泣くことが多いですよね。なぜでしょう?

それは、赤ちゃんは体温が大人よりも少し高くて熱がカラダにたまりやすいからなんです。さらには、体温調整ができるようものすごい量の汗をかくことが多く、気持ちが良くなくて起きて泣き出してしまうということなんです。

それでは、赤ちゃんが暑さ対策をする時に、特に寝る時の対応としてはどうすれば良いのでしょうか?

エアコンが一番良いような気もしますが、身体には悪そうな気もしますし・・・。

そこで、赤ちゃんの暑さ対策として、寝る時にエアコンを使用するのかしないのか、しないとすれば他に何を使って涼ませれば良いのかなどを調べてみました。

赤ちゃんの暑さ対策として夜寝るときにエアコンは使用しても良い?

大人でも暑くて寝苦しい夏の夜ですから、赤ちゃんはもっと暑がっているのでしょう。でも、一晩中エアコンをつけっぱなしというのは、どうも身体に悪い気がすると考える方も多いようです。

しかし、エアコンがあるなら我慢せずにエアコンを使用しましょう。エアコンは赤ちゃんの暑さ対策としては大変に優秀なんです。

ただし、使い方さえ間違えなければという注釈がつきます。

赤ちゃんの暑さ対策で寝るときにエアコンを使う際に注意点

①エアコンの温度設定は高めに

いくら寝苦しいからといっても、冷やしすぎて風邪をひ貸せてしまっては元も子もありません。赤ちゃんが寝やすい心地良い温度は26度~28度で湿度は40%~60%です。 一晩中つけっぱなしの場合は28度設定で良いのではないでしょうか。

②エアコンの風が赤ちゃんにダイレクトにあたらないように

もちろんエアコンの風が直接当るのはよくありません。これは赤ちゃんでも大人でも同じです。もし直接あたるようであれば、エアコンの設置場所は変えられませんから、ベビーベッドやお布団を移動痔手下さいね。

③エアコンをつけっぱなしでも良いが様子を何度チェックする

高めの温度設定とはいえ、一晩中エアコンをつけていれば、部屋が冷え切ってしまったり逆に暑い状態になってしまったりということもあるでしょう。大変ですが、赤ちゃんの状態と部屋の状況はこまめに確認しましょう。

エアコンを使用せずに寝かせたい場合は?

エアコンの温度設定などに気を配りながら使用することはOKと上記でお伝えしましたが、どうしても健康上エアコンを一晩中つけっぱなしにするのには抵抗がある場合はどうしましょう?

まず基本は扇風機です。ここ何年かは扇風機の良さが再認識され、いろんなメーカーさんから多くの機種が販売されています。

コツとしては、直接風を当てるのではなく、少し上に向けて風をながすような感じが良いと思います。

次に冷却シートなどを使う方法です。冷却マットやジェル枕などが人気です。

冷却マットやジェル枕は、布団に敷いたり普通の枕の代わりに使うだけで冷んやり感を感じられますので、自然な感覚で安心して使えます。

あとは、保冷剤をタオルで包んで枕元などにおいてあげると冷んやりして涼しさを感じられます。また、冷えピタなども良いですよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんの暑さ対策 寝具の選び方のポイントは?

赤ちゃんの暑さ対策で使用する寝具の選び方は、ズバリ「吸汗性」と「選択のしやすさ」です。

普通のお布団では、吸汗性はさほど高くありません。ですので、汗がたまってムンムンしたり、逆にその汗が冷えて風邪の原因になったりしかねません。

現在使用しているお布団を改めて確かめた方が良いかもしれません。

吸水性の高い布団に変えれば、赤ちゃんも気分良く眠れるかもしれませんね。赤ちゃんがぐっすり眠ってくれれば、パパとママもぐっすり眠れます!

汗の染みた布団を干したりしなければいけませんので、2枚は欲しいところですが、置く場所にも困るし・・・、そんな方には、吸水性の高いあるガーゼのシーツなどを何枚か用意しておけば良いと思います。

赤ちゃんの汗の量は半端ないですからね。3~4枚あると良いでしょう。

それから、最近密かにブームなのがい草の幼児用シーツです。いわゆるゴザです!!このゴザを布団の上に敷くと熱もたまりにくいので快適に寝ることが出来ますよ!

あとは、上記でもお伝えしましたが、冷却マットも良いですね。とても冷んやりしますが冷えすぎません。

最近の冷却マットは自分で洗濯できるものもありますから便利です。

お伝えした、吸水性の高いお布団やガーゼのシーツ、い草の幼児用シーツや冷却マットなどは、郊外の大型店やホームセンターで気軽に手に入ります。

ぜひお試し下さいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんにこそ夏の夜の暑さ対策が重要です!

赤ちゃんって、実は大人の2倍くらい汗をかくのだそうです。びっくりしますよね。うちの子って異常なくらい汗かきなんですけど・・・なんて悩んでいるのはあなただけでなく、すべての赤ちゃんのママさんでした。

そんな汗かきの赤ちゃんには、季節や昼夜を問いませんが、特に夏の夜の暑さ対策は万全にしてあげないといけません。

特に有効な赤ちゃんの暑さ対策をお伝えしますね。

布団やパジャマを取り替えて安眠&あせも対策

ベッドや布団が暑いとが赤ちゃんもなかなか寝付けません。パパやママがちょうど良い感じだなと思っていても、赤ちゃんにとっては快適とは限りません。

やはり夏場は夏用のお布団を用意したいですね。出来れば2枚は用意して1枚を使用もう1枚は干してジメジメしないように気を使ってあげたいものです。

パジャマも通気性が良く肌触りが良いものを選んで下さい。

布団や着るものを夏用に替えるだけでもとっても快適になります。

また、上記したように赤ちゃんは随分と汗をかきます。ですからあせもが出来やすいんですね。赤ちゃんのお肌はかなり敏感ですからね。

あせもの痒みやときには痛みまでありますので、汗がたまりやすい場所を中心にができるだけこまめに点検して拭いてあげて下さい。

エアコンと扇風機を上手に使うこと

カラダに悪いかもしれないと考えてエアコンを極力使わないという方もいますが、最近の酷暑では熱中症の危険もありますのでエアコンは使った方が良いでしょう。

ただし、設定温度を下げすぎないことです。特に夜間は26~28℃くらいがベストです。冷えすぎには十分注意して下さい。

さらに、扇風機を回して空気を流すと良い感じです。

ただし、エアコンも扇風機も風が直接赤ちゃんにあたらないように注意して下さいね。カラダの水分が飛んでしまい、思わぬ自体にもなりかねません。

汗が冷えて風邪をひくことは意外と多い!?

大人でも汗をかいたあとにその汗が冷えてくしゃみが出たりすることがあります。もちろんそれは赤ちゃんでも同じです。

汗が冷えるのは思ったよりも身体が冷えるものです。特に夜間は気がつかないうちにカラダが冷え切っていたなどということもあり得ます。

風邪の原因になりますから気をつけて状態を見てあげて下さいね。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんは、自ら暑さに対応することが難しいです。ですので、その対策は両親などまわりの大人がしてあげなければいけません。

大人が暑くて寝付けない時なども当然赤ちゃんも暑くて寝苦しいでしょう。

最初は、エアコンをつけた方が良いのか?使わない方が良いのか?また、扇風機が良いのか?ジェルマットが良いのか?よく分からないことも多いでしょう。

いろいろな方法を試し、赤ちゃんが一番気持ちよさそうな状態を見極めましょう。

 

 

このサイトでは、このページの記事の他にも暑さ対策についての情報をアップしています。以下のリンクからご確認ください。

⇒マンションの暑さ対策 昼と夜の万全の対処法!
⇒暑さ対策で冷やすと効果が期待できる場所は?冷えピタを貼る場所は?
⇒暑さ対策は万全に!屋外で活動する子供を酷暑から守ろう!

 

タイトルとURLをコピーしました