マンションの暑さ対策 昼と夜の万全の対処法!

マンションの暑さ対策は、昼の直射日光と夜のこもった熱では違ってきます。階数が上になるほど暑さが半端ないのが実情でしょう。

出来れば、昼と夜を分けて対策を考えた方が良さそうです。

最上階で南向きの部屋・・などは最悪の環境ですが、少しでも暑さ対策をして夏を乗り切りたいですね。

スポンサーリンク

マンションで暑さ対策するなら昼と夜で打つ手が違う!

マンションは部屋の向きによってはとんでもなく暑いです。入居したのが春とか秋なら、初めての夏にはちょっと驚くかもしれません。

マンションの暑さ対策は、昼は遮熱で夜は換気です!

文字にすると、何だよ当たり前じゃないの・・・と思うでしょうが、やはり基本です。詳しく説明しますね。

最近の日本の夏は異常な暑さですが、一般の木造住宅よりはマンションの暑さは厳しいです。

これは一にも二にもマンションの構造です。

マンションは木造住宅ではありませんので、コンクリートで作られています。強度にすぐれているので高層マンションなどに使われるわけです。

でも、このコンクリートの性質がヤバかったんです。

実は、コンクリートは熱をためる、いわゆる蓄熱する性質があります。ですので昼夜を問わずずっと暑いわけです。特に夜は、昼にため込んだ熱を放出していますので、熱帯夜になってしまうのですね。

対策としては、まずは昼間ですが、とにかく太陽をさえぎることに全力を尽くしましょう。

窓には遮光カーテンが必須です。直射日光を防ぎ、部屋の中の温度がなるべく上がらないように気をつけます。

後はベランダの外壁などに、なるべく背の高い植物などをおいて、壁が熱を吸収しにくくすることが大事です。本当は、壁面にゴーヤなどでグリーンカーテンを作るのがベストなのですが、マンションでは中々難しいかもしれません。

なんとか工夫して実行可能ならグリーンカーテンが一番良いです。

次に夜ですが、まずは帰宅したら換気をします。何をおいても換気です。

部屋中の窓を開けて空気の流れを作りましょう。

ただし、窓が一つしかない部屋の場合は玄関を開けます。それで空気の流れを作って下さい。もちろん全開ではなくてドアチェーンは必ずしておいて下さいね。

換気扇を回したり、サーキュレーターや扇風機を活用するのもグッドです。

このような形で、日中にたまった熱い空気を排出し新鮮な空気を取り込むことで、エアコンの効き具合もずいぶんと向上します。

スポンサーリンク

暑さ対策でマンションのベランダの照り返しを防御する!

マンションは、他の建物よりも高層ですから、太陽もより直接あたりますので、暑さも半端ありません。

暑さ対策するにも、ベランダの照り返しなどは相当な難敵です。

でも大丈夫!対策は遮光カーテンとすだれと打ち水でバッチリです!

まずは昔ながらの「すだれ」ですが、これはけっこう良い感じで効果があります。ベランダのガラス戸はもちろんですが、出来れば壁際にも設置できるとベストですね。

さらにカーテンを遮光カーテンにして、2重の防御態勢をとりましょう。

また、こちらも昔ながらなのですが「打ち水」も良いですよ。もし、日中部屋に居る方ならば、こまめに打ち水することをおすすめします。

また、昼間不在の方も、上記したように窓を全開で空気を換気する際にも、まず最初に打ち水をして、それから空気を流した方が涼しい空気が流入すると思います。

そもそも照り返しの量が少なくなるように、ベランダでガーデニングしちゃうというのも手です。たくさんのプランターや鉢を置けば、それだけ照り返しの分量が減りますからね。

スポンサーリンク

南向きマンションは暑い その対策は?

マンションに始めてお住まいの方、マンションの高層階に引っ越した方、特に南向きの最上階は暑いです。対策できるのか?って心配になるほどでしょう。

高層マンションやタワーマンションの南向きの最上階や最上階に近い階を購入したセレブな方が、夏になったら悲鳴を上げているという話がチラホラ聞こえてきます。

そんな高層マンションじゃなくても、南向きのマンションはとにかく暑いです。

その対策の基本は、上記したように①換気して空気の流れを作る②遮光カーテン③すだれ④打ち水などが基本です。こまめにやるしかないのが実情でしょう。

そのような対策にも、最近ではけっこうな便利グッズなども販売されています。

・遮光フィルム⇒遮光カーテンで部屋が暗くなるのがどうも・・・そんな方にはピッタリです。透明なフィルムなのに熱を防いでくれます。

・省エネスプレー⇒窓に吹き付けて拭き上げると断熱効果を発揮します。

とにかく、南向きですと暑いですから、対策としては熱を遮断するしかありません。紹介したいろんなグッズや知恵を使って、なんとか夏を乗り切りましょう!

また、南向きとは関係がありませんが、冷感素材の寝具「冷暖四季パッド」「アイスファイン」など、ひんやり系の寝具が西川やフランスベッドといった寝具メーカーから発売されています。

熱帯夜対策にどうですか?

スポンサーリンク

まとめ

最近の夏の暑さはとんでもないですよね。ただでさえ暑いのにマンションならさらに暑いのが実態です。

でも、なんだかんだいって昔の人の知恵はすごいですよね。

こんなに発展した世の中でも、結局は暑さ対策の基本は、窓を開けて空気の流れを作り、すだれやよしずで直射日光を防ぎ、打ち水で冷んやりさせる、ですからね。

そのような対策の上でエアコンを使えば効果もアップします。

何も対策をせずに、「暑い、暑い」とエアコンの設定温度を下げるより、こまめに対策した方がずっと賢いですよ!!

 

エアコンが設置できない部屋の場合は、窓用エアコンという手もあります。詳しいページがありますので参考にして下さい。
⇒窓用エアコンの取り付けの工事費と取り付けできない窓や大きい窓のケースは?

タイトルとURLをコピーしました