夏バテの症状が出た!?倦怠感&眠い&熱への対策

夏バテになると辛いですよね。倦怠感が抜けないし、場合によっては眠い状態から抜け出せなかったり熱が出たりもします。

やはり暑いだけではなく湿気があるのが日本の夏の特徴です。そのあたりが夏バテの原因なのでしょう。

今年の夏こそ、夏バテの症状が出ないように対策しませんか。

スポンサーリンク

夏バテの症状で一番多いのが倦怠感 その対策は?

夏バテの症状といえば倦怠感です。怠くて怠くて疲れが取れないし、仕事にも実が入らないという方も多いのではないでしょうか。

夏バテの症状として表れた倦怠感を解消するのには、やはり生活習慣を見直すしかありません。

まずは食事です。

食欲がわかないという方が多いでしょうが、まともに食事を摂れないのなら夏バテも解消しません。とにかく3食食べましょう。

特に朝食を抜くのは厳禁です!!

夏バテに効果的な食事は、もちろんバランスのとれた食事を摂るのが当たり前ですが、やはり食欲がないという方も多いでしょう。

こういった場合でも食事は絶対に抜かずに量より質にすると良いです。辛みや酸味で食欲を煽ると良いかもしれませんね。

水分ばかり摂るのも良くありません。清涼飲料水やビールの飲み過ぎに要注意です。

また、夏バテの症状からくる倦怠感は、冷房の影響ということもよくあります。

暑いからといって、設定温度を下げたエアコンにずっとあたっているのは相当に夏バテの原因となります。

だからといってエアコンを使わないと熱中症の危険もあります。

エアコンは、設定温度を26度~28度くらいにして使用して下さい。睡眠時はタイマーにして一晩中エアコンをつけっぱなしにするのは避けた方が良いです。

最後に睡眠です。

睡眠はかなり重要なのですが、夏バテの影響で眠れないという方も少なくないでしょう。そうするとなかなか疲れが取れないですよね。

そこで、逆に運動をしてみるという手があります。

ウォーキングなどの適度な運動で汗をかくことは夏バテ解消にも繋がりますし、食欲も出てきますし、軽い疲れが睡眠を促してくれるので、一石三鳥です。

 

スポンサーリンク

夏バテの症状で眠いのは、もしかしたら危険!?

夏バテの症状がなかなか取れないと悩んでいるうちに、症状として眠いということがあるかもしれません。

本人は、疲れが取れずに眠いのだろうとか、夜なかなか眠れないので眠いのだろうと思いがちです。

ところが、暑いときに眠いという症状が出た場合には、その原因が夏バテではなくて熱中症というケースもありますので注意が必要です。

しかも、眠気が出るときにはかなり症状が進んでいることもあります。

眠いという症状が出る前に、しびれとかめまいや頭痛などがあった場合には熱中症が疑われます。

熱中症で眠気が出るときには、それが意識障害ということもあるそうです。

単なる夏バテ妥当と放置していると重篤な状態になる可能性もありますので、早急に医療機関を受診して下さい。

そこまでではなくて、やはり夏バテによる睡眠不足や疲れで眠気が出ていたのであれば、十分に休息をとるのがベストです。

お酒を飲み過ぎたり、食事を抜いたりせずに、3食きちんと食事を摂って十分に睡眠を確保しましょう。

スポンサーリンク

夏バテの症状で熱が出たらどうする?

夏バテの症状で熱が出たといっても、それが本当に夏バテが原因の熱かは分からないのが普通です。

夏バテで熱が出たという症状は、ちょっと注意が必要かもしれません。なぜなら、それは夏バテではない可能性があるからです。

夏=熱というのは、夏風邪であった場合を除き、熱射病・熱疲労・熱痙攣など熱中症もしくは熱中症に近い状況の可能性があります。

そもそも、夏バテは病名ではないんですね。夏の厚さにダメージを受けて、倦怠感があったり食欲不振になってしまったり眠れなくなったりという症状の総称とでもいいましょうか・・。

それに対して熱中症は、頭痛や吐き気や意識障害などを伴う重篤な病気です。最近では、屋外での運動や作業などだけではなく室内でも熱中症になったりするので気をつけなければいけません。

熱が夏風邪などによる場合は、熱が出た後に体温を下げるために大量の汗を欠くことが多いのですが、熱中症の場合は身体が汗をかけない状態になってしまい、体温が下がらないこともあります。

少しでも思い当たることがあれば、なるべく早い段階で病院へ行った方が良いです。

熱中症は、最初のうちは熱がそれほど上がらずに、そのご球速に体温が上昇したりしますから注意して下さい。

とにかく、夏バテの症状で熱が出たという場合には、ちょっと放置できないケースが多いので、医者へ行った方が良いですね。

夏風邪だったとしても、適切に処置してもらえます。夏風邪も意外と長引きますからね。

結果的に単なる夏バテで熱が出たということが分かれば安心できますから、とにかく夏場の熱はお医者さんへと考えておいた方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

夏バテの症状といっても、倦怠感や眠い、また熱が出たなど様々です。

しかし、単なる夏バテではない場合も多いので、少しでも異変を感じたら医療機関を受診して下さい。

また、何事もそうですが、夏バテも生活習慣が大きく関わります。

栄養バランスのとれた食事、適度な運動などを心がけて下さい。また、エアコンでの身体の冷やし過ぎも大敵です。

夏バテって、きちんと対処していると意外と自分で防げるのかもしれませんよ!!

 

夏バテしていると、夏風邪にも弱そうです。夏風邪の対策はこちらでどうぞ!

⇒夏風邪の特徴 大人の場合の治し方

タイトルとURLをコピーしました