面接での逆質問で面白い質問は好印象なのかとか何個くらい妥当かなどを調べてみた!

面接時には「なにか当社に関して質問はありますか?」と、面接官の方から問われることも多いと思います。

いわゆる逆質問ですが、やはり逆質問ってすごく重要だとも考えられます。

今回は面接のときにする逆質問の例文集や、逆質問は一体何個くらいするのがベストなのかをご紹介します!

 

スポンサーリンク

面接での逆質問で面白い質問はあり?

面接で面接官の印象に残ると同時に、実際の職場の雰囲気を知るためにも、逆質問をちょっと面白くして、『御社はアットホームな社風と伺いましたが、○○様(面接官)はどう思われますか?』とズバリ聞いてみてください!

 

 

基本的に面接の終わり頃になると、こちらからも何か質問をする、つまり逆質問が必要となりますね。

でも、給与とか社風とか、どんな社員が働いているかよりも、もっと面白い逆質問をするのが良いでしょう。

その方が面接官もドキリとするし、何より社風は本当なのか、実際に働いている人に聞くことで、より深くどんな職場なんだろう、と入社前に知られてとっても安心ですよ。

 

確かに、普通は社風をただ聞くだけなんですが、『社風はこのようにうかがっていますが、実際に働いているあなたは本当にそう思いますか?』という趣旨の質問をすれば、何かもっと職場の雰囲気に関する話が聞けるかもしれないですね。

 

また、面接官が実際の職場の雰囲気を答えてくださったら次は『何かそれを象徴するようなエピソードなどがありますでしょうか?』と、より突っ込んだ逆質問をしていってもいいと思いますよ。

 

スポンサーリンク

面接での逆質問の例は?新卒の場合!

ズバリ、面接での逆質問ではとにかく、面接官への印象を深くさせるということに重きを置いた質問をしましょう!

 

 

ではおすすめの逆質問集をまとめました。

・○○様から見て、御社で仕事をしていくには心得ておくべきものは何かございますか?

実際に働いている人からみて、どんなことを心得ておけばその会社で働くのに役立つのか、そういった趣旨の質問なんですが、面接官も考えて答えないといけないため、なかなか面白い逆質問ですよ。

 

・御社でご活躍されている方々には何か共通点がありますか?

どんな人が羽ばたける会社なのかを知ることが出来るし、共通点が自分にもあった場合は、『私も同じ○○の共通点があるので、御社のお役に立てるよう尽力いたします』と言えば、

ますます印象が強くなり採用される確率もアップしますよ。

 

・御社で仕事をしていくなかで一番大切にしなければいけないことはなんでしょうか?

この逆質問も職場の雰囲気や他の社員の仕事に対する姿勢も知られるし、面接官からも好印象を持たれますよ。

 

・○○様がお仕事をしていて、大変だった時にどんなモチベーションがあって乗り越えられましたか?

面接官本人のエピソードを聞くことになるのでかなり貴重だし、モチベーション維持の参考になるでしょう。

もちろん面接官からも面白い質問だな、と思ってもらえるはず!

 

・○○様の愛読本は何でしょうか?

特に社長面接の際に聞いておくといい逆質問です。

読んでいる本を知ることで、社長がどんな人間かを多少は知られるでしょう。

また確率は低いですが、もし同じ本を読んでいたら、それを伝え、その本を読んで感じたことなどを簡単に話しておくとよりGOOD!

やっぱり、共通点がある人間というものは印象がよく見えますからね。

全く同じ本ではなくても、『自分はこのような本を読んでいる』ということを簡単に伝えておくと良いですよ。

 

スポンサーリンク

面接で逆質問するのは何個くらいが妥当でしょう?

面接で逆質問をするのは2~3個がベストなんですが、最終面接では1個だけ逆質問をするのが良いとされています。

 

 

実は最終面接って、社長や役員などとにかく忙しい人物が時間を割いて面接しているので、あまりアレコレと逆質問をしない方が良いんですよね。

 

そのため、それまでの面接では2~3個くらい用意しておいて、最終面接では1つだけズバリと聞くのが正解なんです。

逆質問の数は多ければ良いというわけでなく、本当に自分が知りたくてなおかつ面接官の印象に残れるようなことを2~3個聞くのが良いでしょう。

 

確かにアレもコレもと逆質問していると、面接官もうんざりしてきますし、面接そのものも長くなってしまい、スケジュールを狂わせてしまう場合も!

面接官も他の仕事があるので、面接を終えて逆質問するタイミングになったら、とにかく印象に残れるような内容を厳選して逆質問しましょう。

すると面接官にもよりあなたが印象深く映るでしょう。

 

やっぱり面接ってすごく緊張しますよね。

そんな中、あの質問もしないとこの質問もしなければ、と考えてしまうのはより緊張させて焦ってしまうので要注意!

前もって逆質問はいくつか用意しておいても良いんですが、それを実際に面接で伝えるかどうかは、よく厳選していくのがいいんですね。

 

ということでぜひ、逆質問は慎重に選ぶと良いですよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

面接の逆質問は面接官に好印象を与えられるようなものをするべき!

面接官からみてどんな社風なのか、職場の雰囲気はどうなのか、どんな心得があると良いと思うのかなどを逆質問してみると、面接官も面白いと感じてくれるかもしれません。

 

そして通常の面接では逆質問を2~3個、最終面接なら1つだけ用意しておきましょう。

もちろんいくつか候補の逆質問を用意しておいても良いですが、基本的には少ない数で厳選した逆質問を投げかけるのがおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました