面接に対するお礼のメールで好感度が上がるタイトルは?

就職活動で面接は必ず何処の企業でもあります。

 

接結果が不安…という方や、面接の最後のひと押しをしたいと考えている方にとって、面接のお礼メールは有効な手段の一つです。

 

ですが、どんな文章で送ったらよいのか、タイトルはどうしたらよいのが迷いますよね。

今回は面接時のお礼メールについてお話ししましょう。

スポンサーリンク

面接のお礼のメールの書き方は?

では実際にお礼メールを送る場合にタイトルで重視するポイントが2つあります。

 

 

◼️時間を割いてくれたことに対するお礼を伝えるため

忙しい中、わざわざ面接の場を設けてくれた担当者へのお礼を伝えることが目的の一つです。

面接を受けた人からお礼メールが届けば、面接を担当した社員は「この人は社会人としてのマナーをしっかり押さえている」といった好印象を持つかもしれません。

 

◼️面接の熱が冷めないうちに志望度の高さを伝えるため

社会人としてのマナーを示すだけでなく、志望度の高さを伝えるためにもお礼メールは有効です。

面接で伝えた志望動機を再度強調して伝え、面接の場でアピールしきれなかった企業への強い思いを伝えたりと、本気度を示すことができます。

 

このようにアピールし企業への熱意は、就活において非常に大切です。

 

採用担当者の元には常に多くのメールが届きます。

その大量のメールの中に埋もれないためには、一目でお礼メールだとわかるように、具体的な件名にしましょう。

【○○大学 ○○ ○○】本日の面接のお礼と言ったタイトルにし【】には大学名と氏名を入れることで、どの学生からのメールかが一目で把握できます。

タイトルをこのようにすると沢山あるメールの中でもみつけやすいですね。

 

スポンサーリンク

面接のお礼のメールは新卒と中途採用では内容が違う!?

では、実際にお礼メールを書く場合に新卒者と中途採用の場合に内容に違いはあるのでしょうか?

また、メールを送る際のメリットやデメリットとも見てみましょう。

 

 

◆メールのメリット

・郵送の日数がかからない。

手紙と違いメールの場合は送信してからのタイムラグがないため、面接が終わってすぐに連絡することができます。

面接官も早い段階でお礼状の内容を確認することが可能なので、メリットの1つです。

 

さらに、気軽にやりとりできるのがメールの利点です。

面接後に気になることが出てきた場合、メールであれば感謝の気持ちを伝えると同時に質問をすることもできます。

 

◆メールのデメリット

・相手によっては適さない。

企業によってはメールより丁寧さを考え手紙の方がより伝わる場合があります。

そのため、メールだと年齢や地位の高い相手には失礼だと受け取られる場合もあります。

 

 

社会人になると、お礼状の効力は分かっているものの、内容をどうしようかと悩む人も多いと思います。

そこで気になるのが新卒と中途採用でのお礼文の内容ですよね。

 

実はお礼状に必要な内容は大体決まっています。要は必要な内容を簡潔に表現して早く送ることが重要です。

お礼状に必要な項目を見ていきましょう。

ポイント1  お礼を書く

先ずは、当日に面接してくれたことに対してのお礼を述べましょう。

中途採用の場合は、大量に一次面接をこなすという方式ではありません。一人一人、時間をかけて面接していきます。

結構複数の人が、わざわざ時間を取って面接をしてくれているわけです。

そんな会社に対する感謝の思いを込めながら、綴ると良いでしょう。

感謝の気持ちを素直に表すと、顧客に対して、会社の仲間に対して、同様に接してくれる人ではないかと思わ好印象をあたえます。

 

ポイント2 志望が高まったことを書く

面接を通じて、志望動機が高まったことを伝えると、企業側も採用意欲が高まります。

お礼文を書き場合は志望動機が高まった具体的エピソードを簡潔に伝えましょう。

例えば、「〇〇様の営業に対する姿勢に感銘しました」とか、「貴社の品質管理に対する厳しさに触れ、本当にお客様のことを考えていると感じました」「貴社の職場の雰囲気に触れ、ここでなら頑張れると確信いたしました」など、具体的に書くことで、企業に志望度が伝わります。

 

スポンサーリンク

面接のお礼のメールがきたときの対応はどうする?

お礼メールに「返信は不要である」旨を入れたとしても、「送ってくれてありがとう」、「無事メールが届きましたのでちゃんと読みましたよ」と返信をしてくれる企業があります。

 

 

ちゃんと読んでもらえたと安心する一方で、どこまで返信すればよいのかわからず困惑してしまう方も多いです。

 

返信をしないと失礼に当たらないかと心配になってしまいますよね。

面接や説明会を行う採用担当者のような人は、日々何十、何百というメールを受信しています。

そのような人にメールを読んでいただき、「返信不要」のメールにわざわざ返信してくれたというのは、誠意を見せないというのは失礼にあたる可能性がありますので、お礼メールの返信には、返信をしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は面接へのお礼メールについてお話ししました。

面接のお礼メールは自分をアピールするチャンスです。

面接担当をする方は毎日何通もメールが来る為自分をアピールするためにもタイトルをしっかりと書き一目で見てわかるようにするとよいですね。

是非、参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました