火災保険は台風の水害もカバーしてる?

戸建てやマンションを購入にあたり火災保険をどうしょうか?どこの保険会社にしょうか?と悩んでいる方も多いですよね。

 

 

また、火災保険保険に加入しても台風で水害にあった場合に保険がおりるのか心配になりませんか?

ここ数年日本も台風での水害被害が増えてきています。

そんな今回は火災保険で台風または水害補償についてお話しします。

 

スポンサーリンク

火災保険は台風の水害にも対応してるの?

ではまず水害とはどのような状況の事をいうのか見てみましょう。

水害とは台風や暴風雨、豪雨などによる洪水、高潮、土砂崩れなどによる災害のことをいいます。

一般的には、火災保険に水害も含まれている場合も多いのですが、別になっている場合もありますので、契約している場合には確認してください。

また、どのような状況だと保険がおりるのか?、逆にどういう状況ではでないのか?ということはきちんと確認しておいた方が良いです。

 

 

以下の例が水害にあたりますので見てみましょう。

1、台風で近くの川が氾濫し、床の上まで浸水し家具も水浸しになった、

2、集中豪雨による土砂崩れで、家のなかに土砂が流れ込み被害に遭った

3、豪雨により裏山で土砂崩れがおき、建物に土砂が寄りかかり外壁と柱が傾いた

4、ゲリラ豪雨でマンホールの排水が追いつかず、浸水被害に遭った

5、集中豪雨のさなかに雨漏りがおこり、家具が台無しになった

6、記録的な大雨により高潮が発生し、海水が防波堤を超え被害に遭った

7、台風による大雨で、車が水没してしまった

8、記録的な大雨で土石流が発生し、家が流されてしまった

9、豪雨で自宅の塀が壊れ、隣家の車を傷つけてしまった

10、強い雨風のなか、庭に置いてあるものを家のなかに入れようとしたら滑って転びケガをした

 

以下の例が台風により火災保険が適用になります。

<建築物の場合>

・一戸建て、マンションなど

・扉や窓などの建具など

・門、塀、垣など

・物置、車庫など

・庭木など

・畳や床など

・ボルト・ナット・ネジなどで固定されている電気、ガス、冷暖房設備など

・物干、敷石など固定されていない屋外設備などー

 

<家財道具の場合>

・家具類

・家電製品類

・衣類類

・自転車、総排気量が 125cc以下の原動機付自転車類

 

これらの対象物が台風や水害に被害にあった場合の保険の適用になります。

 

スポンサーリンク

火災保険は台風の場合に免責というケースもある?

台風の被害に遭っても火災保険の補償が受けれない場合もあります。

主な例としては、次のようなものがあります。

①自然または摩擦などで劣化した場合

建物の経年劣化や老朽化によって、建物内部や家財に水ぬれなどの損害が発生した場合は、補償の対象にはなりません。

 

 

②事故が起こってから保険金請求まで3年以上たった場合

保険金の請求期限は保険法で3年とされ、保険会社によっては、法律とは異なる請求期限を設けていることもあります。

 

スポンサーリンク

火災保険は台風の被害を申告するのに期限がある?

火災保険では、支払要件に当てはまると、契約時に決めた保険金額を限度として損害保険金が支払われます。

 

 

申し込み期間も上記に記載しましたが保険の請求期間は3年とされていますので早めに申し込みを行いましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は台風による火災保険についてお話ししまた。

ここ数年台風による被害が増えてきております。

ご自分の自宅の保険が心配な方は一度見直して備えておく必要があります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました