年末調整の書類はいつ届く ダウンロードは可能か計算ツールはあるのか調べてみた!

年末になると、1つの大仕事がやってきます。年末調整は、色々と書類を集めたりして大変ですよね!

さまざまな控除が受けられる大切なものですから、企業側としてもしっかりしていたいところです。

 

 

作業をするにしても、簡単に計算できるツールなんかがあれば嬉しいですが、どうなのでしょうか?

書類も税務署から届くのを待たなくても、自分で、時間が取れるタイミングでダウンロードをすることができると助かりますよね。その点はどうなのか調べていきましょう。

 

スポンサーリンク

年末調整の書類はいつ届くの?!

年末調整の書類は、毎年だいたい10月の末頃から11月の初旬にかけての間に、会社や事業所にそれぞれ郵送されてくるようです。

 

もっと明確に、いつなのかを知りたい場合は、所轄の税務署へ直接問い合わせをするのが1番かなあと思いますので、そうなさることをオススメします。

 

 

送られてくる書類の中には、

・年末調整のしかた(年末調整の手引き)

・扶養控除等(異動)申告書

・給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書

・給与所得の源泉徴収票

・保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書

など、さまざまな種類の書類があります。

 

年末調整の手順や、計算方法などは、『年末調整のしかた』というのに詳しく載っているので、それを見ながらやっていきましょう!

 

これほど重要な書類が、もし11月の初旬を過ぎても、特別な郵便事情がないにも関わらず届く気配がない場合には、速やかに管轄の税務署へ問い合わせをするようにしてください。

 

スポンサーリンク

年末調整の書類をダウンロードしたいんだけど…

年末調整関係の書類は、すべて国税庁のホームページからダウンロードすることも可能です!

PDFやエクセルファイルとして、ダウンロード出来るようになっています。

 

 

直接入力出来るようになったものもあるので、早い段階から作業に取り掛かることが可能になりますね。

記入例もあるので、迷ってもそれを見れば大丈夫だと思います!

 

従業員の数が多い企業であればあるほど、書類は集めるのに時間がかかってしまうので、なるべく早いうちに配っておきたいですよね。

そんな時にも、国税庁のホームページからダウンロードして印刷をして、従業員へ配っておくということが可能なのは、かなり助かるのではないかと思います!

年末調整ソフトを使用すれば、企業名や従業員名を入力してから印刷をするということもできるので、とっても優れものですね!

使いやすいツールが普及しているので、うまく使いこなして、無駄なく楽に年末調整の作業を終わらしてしまいましょう!

 

スポンサーリンク

年末調整の計算ツールがあれば便利!

年末調整の計算ツールは、いくつかあって、とっても便利です。

 

有料のツールであれば、普段から給与計算などとしても使えるようなものがあります。

これなら、年末調整や源泉徴収票の管理まですべて1つですることができるので、従業員の多い企業ならかなり効率的に作業をすることが可能になります。

 

 

1年に一度しか使わないからということで、無料でも計算できるツールがあればいいなと言う人もいると思いますが、普通に検索するといくつかのツールが出てくると思います!

一人一人の情報をそれぞれ入力していかないといけないので、人数が少ない会社向けにはなってきますが、充分なシステムですよ。

 

“計算ツール”といったり、“◯◯シュミレーター”といったり、いろいろあるので、とにかく1番わかりやすそうなもので、試してみるといいですね!

こういうものは、使いやすさと分かりやすさがとっても大切です。

システムとも相性の良し悪しがあるので、自分に合ったものを見つけて効率よく詐欺できるといいですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

税務署関係のことは、なんとなく難しい感じがしますし、確かにややこしいところはあります。

ですが、国税庁のホームページを見てみるとけっこう色々なテーマ別に丁寧な説明があるので、ホームページを目を通してみてもいいかもしれません。

 

それでも分からない場合は、所轄の税務署へ足を運べば丁寧に教えてもらえると思います!

何度も訪ねている人もいるので、悩んでしまったり、分からないままにするよりも、1度直接教えてもらうことをオススメします!

 

タイトルとURLをコピーしました