米寿とは色で祝うテーマカラーってある?

米寿とは数え年で88歳になった際に祝うもので、お祝いの色は黄色もしくは金色!

ご両親が数え年で88歳になったら米寿のお祝いをしてあげましょう!

なぜ米寿とは88歳のお祝いなのかというと、『米』という感じをバラバラ分解にすると、『八十八』という文字になるからなんです。

そもそも『八』とは末広がりという意味もあって、日本ではとっても縁起のいい数字なんですよね。

そのため、八が並ぶ88歳ではご長寿のお祝いをするんですよ。

 

スポンサーリンク

米寿とは何色で祝う?

米寿には黄色金色のちゃんちゃんこや扇子、座布団などを贈るのも風習の一つ。

なぜ黄色や金色が米寿の色なのかというと、太陽や自然の恵みであるお米の稲の色などを表しており、とにかく縁起がいい色とされているんですよね。

還暦だと赤いちゃんちゃんこと頭巾ですが、米寿になったらぜひ黄色や金色のちゃんちゃんこを贈ってあげるようにしましょう。

でも確かに黄色とか金色って、すごく明るいしゴージャスなイメージですよね。

 

ちなみに、一般的には数え年で88歳になったら米寿のお祝いをするものですが、満年齢で88歳になってから米寿のお祝いをする家庭も少なくなりません。

家庭の事情もあるでしょうから、必ず数え年で88歳になったらすぐに行う、というワケではないので、米寿を迎える方の体調やご家族、ご親族の都合などをチェックして、身内でよく話し合ってお祝いの日取りを決めると良いですよ!

 

スポンサーリンク

米寿のメッセージカードを孫から贈ろう!

米寿を迎えた方のお祝いにはぜひ、お孫さんからのメッセージカードを送ってあげましょう!

内容の例文としては、『おじいちゃん(おばあちゃん)88歳のお祝いおめでとう!これからも元気で長生きしてね!』など、短い文でも大丈夫なので、何かメッセージを書いて送るのがいいですね。

やっぱり高齢者って何が一番嬉しいかっていうと、可愛い孫からのささやかな贈り物なんです。

そのため、メッセージでも似顔絵でもOKだし、折り紙を作って渡すだけでも喜ばれるので、ぜひ親御さんの米寿にはお孫さんから何かちょっとした贈り物を渡すようにしましょう。

 

米寿ということなので、メッセージカードを送る場合は黄色地か黄色の模様が描かれたカードやレターセットなどがおすすめですね。

似顔絵を描いてもらう場合も、おじいちゃんおばあちゃんが黄色の服と帽子をかぶっている姿が良いでしょう。

米寿のお祝いカラーはやっぱり黄色や金色なので、その色を使ってあげると喜ばれますよ。

 

ちなみに、孫からではなく大人が米寿のお祝いを贈るのでしたら、黄色い花を使ったフラワーアレンジメントとか、マグカップやストール、クッションなど日用的に使えるグッズでも良いですね。

もちろん米寿を迎えるご本人があまり黄色が好きでないのでしたら、無理に黄色のグッズを贈る必要はありません。

代わりにご本人の好きな色の花束やカップなどを贈ったり、前から欲しがっていたものをプレゼントするのもとっても喜ばれますよ。

 

スポンサーリンク

米寿のちゃんちゃんこってしまむらやドンキでも売ってる?

結論からいうと、米寿の黄色や金色のちゃんちゃんこや頭巾は、しまむらやドン・キホーテなどでは販売されていないので、おすすめなのは百貨店や通販で購入することです。

店舗によっては販売するしまむらやドンキもあるんでしょうが、基本的には米寿のちゃんちゃんこは取り扱いがありません。

そのため、もし近くのドンキやしまむらに米寿のちゃんちゃんこを探しに行く際は、事前にその店舗に取り扱いがあるかどうか問い合わせをしてみるといいでしょう。

でもやっぱり一番確実なのはネット通販と百貨店に入っているような呉服店ですね。

一応ちゃんちゃんこも和装の部類なので、呉服店など着物を取り扱う店ならきっと見つかるでしょう。

それでも、ないと無駄足になってしまうので、やっぱり買いに行く前に、よく行く百貨店の呉服店に米寿のちゃんちゃんこがあるかどうか、問い合わせをしておくと安心ですよ。

 

より確実ですぐに手に入るのが通販です。

通販ならサイズや値段も色々だし、ちゃんちゃんこと頭巾、扇子もセットになっているものもあるのでとにかくすぐに購入できて楽ですよ。

価格はだいたい安くて1,900円くらいで高いものだと5~6,000円ほどの相場です。

上質なちゃんちゃんこはとってもきらびやかなので、米寿を迎える方も喜んでくださると思いますよ!

 

ただ、ちゃんちゃんこって米寿のお祝いをした後は、もう用なしになってしまうんですよね…。

それでも、おじいちゃんおばあちゃんの一生に一度の米寿なので、出来ればキレイなちゃんちゃんこを贈ってお祝いをしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

米寿とは一般的に数え年で88歳の時にお祝いするもので、お祝いカラーは黄色や金色。

米の漢字を分解すると八十八になるので88歳のお祝いは米寿っていうんですね。

お祝いカラーが黄色や金色なのは、太陽や稲穂などの縁起のいい意味合いを持っているからなんです。

米寿のお孫さんからのメッセージカードや似顔絵を贈るととても喜ばれますよ!

お孫さんからだけでなく、大人からも黄色の花をつかったブーケとか、クッションやカップ、ストールなど普段使いできるものもおすすめ。

ただし、米寿のお祝いで着る黄色や金色のちゃんちゃんこは、しまむらやドンキでは基本的に手に入らないので、百貨店の呉服屋やネット通販で探しましょう。

特に一番確実に購入できるネット通販がおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました