クリスマスカードを英語で子供向けとビジネス向けとホストファミリー向けに作ろう!!

12月に入るとお店や街にイルミネーションが施され一気にクリスマスムードになりクリスマスが近ずくとワクワクしちゃいますよね。

そんな季節にお世話になった友人やお子様にクリスマスメッセージを送ってみませんか?

 

日本ではあまりクリスマスカードは馴染みがありませんが、欧米ではクリスマスは“家族と過ごす日”で、一緒に過ごさない友人や恋人には代わりに、クリスマスカードやメッセージを送る文化があります。

今回は、クリスマスカードを子供向け又はビジネス向けに送る英語でもメッセージについてお話ししましょう。

 

スポンサーリンク

クリスマスカードを英語で子供向けに作る例3選!

まず最初に、一般的に幅広く使える子供たちへのクリスマスメッセージのフレーズから見ていきましょう。

 

 

おすすめ3選を紹介しましょう。

 

◎Wishing you a very merry Christmas.

「楽しいクリスマスになりますように。」

 

◎Wishing you a love and happiness now and forever. Have a blast this Christmas.

「これからもずっと、あなたに愛と幸せを願っています。クリスマス、楽しんでね。」

 

◎A silent night, a star above, a blessed gift of hope and love. Merry Christmas to you, honey!

「静かな夜、空には星、愛と希望に満ち溢れたプレゼント。大切なあなたへメリークリスマス!」

 

子供にクリスマスメッセージを書く時のポイントはたった1つ!

その子の事を【ちゃんと見守っているんだよ】と伝わるようなメッセージを入れる事が大切です!

今まで頑張ってきたことを誉めてあげたり、愛しているよ、などを入れてみるのもお子様は喜びますよね!!

 

スポンサーリンク

クリスマスカードのメッセージを英語でビジネス向けに作る文例集!

ビジネスシーンで贈るクリスマスカードの書き方では、何点か注意点やポイントがあります。

《注意点》

・英文はすべてセンタリングする。

・会社名、住所、署名等は、あいさつ文の下に記入します。

・相手住所・宛名は、手書きで書くのがマナー・礼儀です。

・Business Christmas Cardでは、特に個人的な書き込みはしません。

・封筒は、Season’s Greetingsか、Happy Holidaysの表書きのものにする。

ビジネスでのクリスマスカードを送る場合はこれらの5つのポイントはしっかりと抑えておきましょう。

 

では、ビジネスでのクリスマスカードの例分をいくつか紹介しましょう。

・Greetings of the Season and Best Wishes for the New Year.(季節のごあいさつと、新年のご多幸を祈念申し上げます)

・Many Good Wishes for a New Year of Happiness and Prosperity.(新年の幸福と繁栄を祈念申し上げます)

・To our Customers and Friends we extend our Best Wishes for a Joyous Holiday Season and successful New Year.(弊社の友人でもあるお客様が楽しいホリデーシーズンと良き新年が迎えられますよう祈念申し上げます)

 

取引先などの会社に送るのとは別に、個人的に親しい相手にはメールであいさつをしてもかまいません。

また同僚などもメールでもかまいません。

メールで送る際は、クリスチャンでない相手には件名を”Season’s Greetings.”「季節のごあいさつ」、クリスチャンであれば”Christmas Greetings.”「クリスマスのごあいさつ」とつけるのを忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

クリスマスカード英語でホストファミリーに向けて!

では、ホームステイなどでお世話になったホストファミリーにクリスマスカードを送る場合のフレーズと書き方をみてみましょう。

お世話になったホストファミリーへ、いまどんなことをしているのか・いまでもあなたたちと過ごした思いでをまだ覚えていることなど思い出を心のままを伝えるのがポイントです。

メッセージの書き始めは、Dear ○○ family,(親愛なる○○ファミリーへ)

家族全員に宛てたメッセージの場合には○○にホストファミリーの名字を入れたり、Dear mom and dad,(親愛なるお母さん、お父さんへ)

もしも家族のことを「お母さん」「お父さん」などと読んでいたのなら、その呼び名を書いてもみるのも良いでしょう。

 

◎Merry christmas!(メリークリスマス!)

◎Happy holidays!(すてきな休日を!)

◎Season’s greetings.(季節のご挨拶を申し上げます。)

◎May you have a warm and joyful Christmas this year.(あたたかく、幸せなクリスマスになりますように。)

これらのフレーズは宗教問わずに使えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は子供向け、ビジネス、ホストファミリーに送るクリスマスカードのフレーズについてお話ししました。

欧米ではクリスマスカードは支流ですが、日本人にはあまり馴染みがありません。

それぞれに思いを込めて今年クリスマスカードを送ってみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました