紅葉の隠れた名所は奈良!!おすすめコースや名所のランキングをご紹介!

奈良には奈良公園や竜田川、室生寺など、たくさんの紅葉の名所があります。和歌にも詠みこまれた名所や、歴史的逸話のあるところなど、ステキな紅葉名所はあります。

今回は奈良での紅葉隠れスポットを紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

紅葉の隠れた名所は奈良しかない!!

奈良の紅葉の見頃は、10月中旬頃から徐々に色付き始め、11月上旬頃には見頃を迎えます。

11月上旬の奈良の気温は肌寒さを感じる秋真っ只中の時期なので、そういった季節の空気を感じながら奈良の紅葉の名所をゆっくりと観賞するのも楽しみの1つと言えます。

奈良の綺麗に色付いた紅葉を堪能したい方は是非11月上旬頃に訪ねてみてください。その頃が一番紅葉を綺麗にみる事が出来ます。

(* ↑ 桜井市の談山神社の紅葉)

奈良には紅葉の名所が数多くあり、毎年紅葉の時期になるとライトアップされるスポットが沢山あります。

おすすめなのは、ちょっと有名ですが桜井市にある3000本のカエデです。

赤や黄で咲き乱れる彩り豊かな紅葉を夜間のライトアップとともに観賞できます。

 

スポンサーリンク

奈良の紅葉でおすすめのコースはここ!

『奈良公園』

奈良の紅葉おすすめコースと言ったらやはり奈良公園です。

紅葉と鹿、セットで楽しむのもおすすめです。

緑の芝生が印象的な奈良公園。実は、夏が過ぎ、秋風にホッとする季節、黄色や紅色に染まる景色もまた見事です。

広大な奈良公園の中でおすすめしたいエリアは3ヵ所。

イチョウが黄色いじゅうたんを広げる東大寺大仏殿裏。

奈良県新公会堂から東大寺南大門前までにカエデやサルスベリが染まる吉城川沿いの一角。

青空にナンキンハゼ赤が映える飛火野。

ほかに春日大社参道や浮見堂周辺などの紅葉も鮮やかです。あちこち散策して、お気に入りの紅葉シーンを見つけてください。

 

『春日奥山遊歩道』

世界文化遺産「古都奈良の文化財」の一角を成す春日山原始林を周遊できるハイキングコースです。

狩猟や伐採が厳しく制限されてきた山では、落葉樹、針葉樹、巨樹、若樹など、沢山の木が育ち、紅葉、黄葉、やカラフルな色を見せてくれます。

ハイキングコースは数ルートもあります。どれも険しいものではないので、ファミリーやシニア層にも紅葉が楽しめる春日奥山遊歩道です。

 

スポンサーリンク

奈良の紅葉の名所をランキングで紹介!

では、奈良には数多くの紅葉スポットが数えきれないほど沢山あります。

その中でも人気スポットを紹介しましょう。

東大寺

奈良と言ったら東大寺ですよね!、

広大な奈良公園内にはたくさんの紅葉の名所がありますがその中でもおすすめなのが「東大寺」です。

東大寺の紅葉スポットは鏡池です。南大門と大仏殿の間にある池で、凪いだ水面に映る大仏殿と回廊の景色が秀逸です。

もう1つの池、大仏池は大仏殿の裏手にあるため観光客にあまり気づかれず、隠れた紅葉スポットとなっています。

アクセス方法:JR・近鉄奈良駅から市内循環バスにて大仏殿春日大社前バス停下車、徒歩約5分

 

手向山八幡宮

手向山八幡宮は、古今和歌集で菅原道真が、“このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに”と詠んだことで知られる紅葉の名所です。

これは、「急な旅となり、お供えものの用意ができなかったことを神様に謝りながら、織物のように美しい手向山の紅葉を錦として、お受け取りいただけないでしょうか」という意味です。

こちらも鮮やかな紅葉がが見どころあるスポットです。

アクセス方法:JR・近鉄奈良駅から奈良交通バスにて大仏殿春日大社前バス停下車、徒歩約15分

 

奈良県立竜田公園

紅葉の名所として知られる竜田川は、百人一首に収められた、在原業平の“千早ふる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは”という歌でも知られています。

紅葉の時期になると、両岸を黄や赤に色づいた紅葉が埋め尽くす、美しい光景が見られます。

アクセス方法:JR王寺駅より奈良交通バスにて竜田大橋バス停下車、徒歩約5分

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょう。

今回は奈良での隠れ紅葉スポットを紹介しまた。

奈良には沢山の紅葉スポットがあります。歴史に関係する場所が沢山あります。

いままで歴史に興味が無かった方もいちど歴史を勉強してけら紅葉スポットを巡るのも楽しみの1つですね!!

タイトルとURLをコピーしました