ハロウィンの仮装コスプレで男のメイクはこうキメろ!

ハロウィンで仮装する人は、女の人の方が多いですが、それでも男の人が楽しんでいる姿もたくさん見かけますよね!

本格的に仮装している人は、衣装からメイク、役作りまで抜かりなく準備されていて驚きます。

どうせやるなら、とことんやった方がきっと楽しいですよね!見ている人も、本人が思いっきり楽しんでいる方が楽しい気持ちになります!

今回は、仮装の中でも雰囲気を左右するほど重要なメイクについて、どんなのが魅力的か調査していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

ハロウィンで仮装する男の人にやって欲しいメイク3選!

男の人にぜひやってほしいハロウィンメイクは

1 ゾンビメイク

2 ガイコツメイク

3 ピエロメイク です!

ハロウィンといったらゾンビ!ど定番ゾンビ!ゾンビは、とにかく怖さとリアルさが重要ですよね!傷メイクなども駆使してこわーいメイクでキメましょう!

某テーマパークのハロウィンの催しでもたくさんのゾンビがいますよね!それを参考に、自分が1番似合うメイクの方法を探してみてください!

 

ガイコツもハロウィンの定番になりますね!

メイク自体は、顔全体を白く塗り、目の周りを真っ黒に塗って、頬がこけているように線をかき足すと意外と簡単にできますよ!

基本的に白と黒のメイクなので、割とクールにキメていけそうですよ〜!

 

ピエロはカラフルなイメージですが、あの不気味さを上手く扱えることができるなんて、かっこよくないですか?もしクールにかっこよくキメたいならダークなピエロにしてみたりしてもいいかもしれませんよ!

鼻と唇だけ、鮮やかな赤を入れると、かなり映えますよね!

 

スポンサーリンク

ハロウィンのコスプレで男のメイクのポイントは?

・ガイコツなどの顔全体を白塗りする仮装の場合は…“白塗りした後に、ベビーパウダーをのせる”

・ゾンビなどの怪我している系の仮装の場合は…“ティッシュが重要!シールに頼らない傷メイク”

・どの仮装でも共通して…“濃い色のアイシャドウで骨格に影を与える” などがあります。

白塗りした後は、すぐ落ちたり、衣類などにうつったりする可能性が高いので、ベビーパウダーをのせることが必須ポイントです!

ゾンビメイクは傷メイクが命!ノリとティッシュ、アイシャドウとファンデーションとリップでリアルな傷メイクができるので、なるべくシールには頼らないようにしましょう!

 

1番のポイントは、これ。日本人は、欧米人と比べてとても顔の凹凸がはっきりしていないですよね。

リアルにこわさを出すなら、やっぱり欧米人に近づけて、顔の凹凸を作るべきですよ!黒などの濃い色のアイシャドウを使って、大袈裟なくらい影を描きましょう!

影を入れるのと入れないのとでは、仮装レベルが全然違うものになると思いますよ!

 

スポンサーリンク

ハロウィンのメイクでゾンビの男は黙って血のり?!

かなりリアルに、周りとの差をつけてゾンビメイクをしたいなら“血のり”を利用しましょう!傷シールや傷メイクよりも血のりです!

なんといっても、リアルさが全然違うんですよね!舞台やドラマなどでも利用される血のりですよ!クオリティが桁違いに上がりそうですよね。

100円均一なとの身近なお店で揃う化粧品と比べて、インターネットなどでしか買えないという点は面倒くさいポイントかもしれません。

ですが、ある意味、普段化粧をしない男性がハロウィンの傷メイクのために、わざわざ化粧品を揃えようとするなら、最初からスマートフォン1つで、血のりを買ってしまう方が簡単かもしれませんよ。

舞台などで利用される道具を使う機会なんてなかなかないですよね。ぜひハロウィンという機会を利用して、普段できない経験をしてしまいましょう!

気分も上がってホンモノのゾンビになったような気持ちでハロウィンが楽しめるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

まとめ

男の人がするハロウィンメイクはクオリティが高くておもしろいですよね!

なので、どんどんどんどんクオリティを上げていって、自分自身はもちろん周りの人まで楽しませてあげてください!

ハロウィンらしいものより面白いものを考えている人がいるなら、個人的には“カオナシ”をおすすめします!

ゾンビやガイコツのようなホラーな集団の中にポツンとカオナシが居たらウケること間違いないですよねー!

チャレンジャーが居たら是非やってみてください!

タイトルとURLをコピーしました