新幹線の予約を格安でする方法!往復で購入がいい?早割は?

プライベートな旅行から出張などで利用することのある新幹線。どちらで利用するにしても、できることなら格安で乗れるのが良いですよね?

行った先でお土産を買ったりその他もろもろお金の掛かることもあるだろうし、新幹線での移動費用くらいは安く抑えたいところです。

新幹線って、そうそう頻繁に利用することもあまりないと思います。それだけについつい普通の電車に乗る時と同じように、券売機でチケット買ってなんていうのは勿体なさすぎます。

もっと格安に予約ができる方法があります。

そこでここでは、新幹線の予約を格安でする方法や、往復チケット購入の方がいいのか?また早割の発売はいつからなのか?を解説したいと思います。

スポンサーリンク

新幹線の予約を格安でしたい!往復チケットが一番安く買えるのは?

行き帰りに同じ区間を通って新幹線を利用するなら「指定席往復割引きっぷ」という格安のチケットがあります。

この指定席往復割引きっぷの特徴は決められた区間限定ですので、それ以外の区間には利用できません。列車と発売席数に限定はありません。

この指定席往復割引きっぷの区間限定にはそれぞれ決められた区間がありますので、その詳しい区間は以下を見てみましょう。

【新幹線福岡割引きっぷ】京都・大阪・神戸市内~福岡市内往復。

【新幹線大阪割引きっぷ】上記の逆コースになります。福岡・北九州市内~大阪市内往復。京都市内まで往復の「新幹線京都割引きっぷ」と神戸市内まで往復の「新幹線神戸割引きっぷ」もあります。

【九州往復割引きっぷ(名古屋発)】名古屋~長崎、佐世保、大分往復。

【九州往復割引きっぷ(京阪神発)】京都~大阪市内、神姫ゾーン~中津、別府・大分、延岡、宮崎・都城往復。

【東京往復割引きっぷ】佐賀、長崎、佐世保、大分、宮崎・都城~東京往復。

【大阪往復割引きっぷ】佐賀、長崎、佐世保、中津、別府・大分、延岡、宮崎・都城~大阪往復。京都へ往復の「京都往復割引きっぷ」と神戸往復の「神戸往復割引きっぷ」もあります。

種類が多いので、必ず行く区間をしっかり把握して購入してくださいね。

スポンサーリンク

新幹線の予約で格安の日帰りチケットをゲットしたい!

新幹線で日帰りの旅行をしようと思うと、日帰りなので宿泊が伴う旅行に比べればいくらか安くすみそうですよね?

ツアーでも日帰りは結構人気があるみたいです。例えば、以下のプランです。

【日帰り1day広島】
2019年9月30日までの日帰りツアーです。乗車区間は、東京~広島・広島~東京の往復で、往復新幹線指定席+「ひろしま めいぷる~ぷ」という1日乗車券がセットになった日帰りプランです。

出発する場所は、東京の他に品川、新横浜各駅からの出発です。各駅から広島駅までを往復新幹線指定席で行くのです。

因みに7月は16日(火)~7月31日(水)までが予約可能です。

大人一人26,900円、子供14,200円となります。食事は付いていません。帰りの新幹線に乗るまでフリータイムになっていますので、特別コースなどが決まっている訳ではありません。

ですから、ホントに新幹線に乗る往復の料金のみのプランですね。

これは「広島プラン」というもので、この他にも「岡山プラン」「倉敷プラン」「博多プラン」「宮島プラン」と計5つのプランから選べるようになっています。

今回の「広島プラン」は、東京・品川から発車の場合、26,900円、名古屋発の場合、19,900円となっています。

【問い合わせ】JR東海ツアーズ ぷらっと旅・コールセンター

Mail:t-tabi-desk@jrtours.co.jp(24時間受付可能)

営業日:年中無休(年末年始除く)

営業時間:10:00~18:00

 

スポンサーリンク

新幹線の予約で早割チケットはいつから発売開始されるの?

数ある割引きっぷの中の1つ「早割」というのがあります。正式には「早得きっぷ」といいます。

早割の特徴は以下の通りです。

・購入:ほとんどが1ヵ月前から。

・料金:回数券や往復割引よりお得。

また、早割にはさらにいくつかの種類があります。

・駅で購入できる早割:区間が限定されるので、公式サイトで確認が必要です。

・会員制新幹線ネット予約の早割:一定の区間で利用可能で、「えきねっと」の会員限定です。

・旅行会社の新幹線パックやチケット:新幹線の往復と宿泊を同時予約でき、殆どの区間が格安で利用できます。

新幹線の割引きっぷにはいろんな種類があるので、仕事やプライベートいずれで利用するにしても行き先や時間、日程などが明確になってからきっぷを選びましょう。

とにかく安ければ!なんて思っていると、全然見当違いの割引きっぷを買ってしまう危険性があるので、しっかり計画立てて利用するようにします。

えきねっとの早割は、「お先にトクだ値」というのが早割のネーミングです。

早割を購入するときは、なるべく早めに予約購入した方がお得なので、そういう意味も込めてこういうネーミングになりました。

年末年始や、GWなど混雑が予想される旅でも事前に早めにネット予約すればスムーズに計画も立てられます。

スポンサーリンク

まとめ

一見すると、新幹線の割引チケットってこんなにたくさん種類があってどれがいいのか分からなくなりそうですが、行き先と日程、時間、行ってる間に利用する地域など早い内から細かく計画を立てておくことです。

仕事にしろプライベートの旅行にしろ、ここのところがしっかり決まっていないと無駄なチケットを買ってしまいますので、まずいつどこに行って何日間滞在し、なにをするのか?ここら辺を明確にすれば、案外購入するチケットは迷わず選べるようになります。

仕事の場合は割合この辺は大丈夫そうですが、プライベートの旅行となると行きたいことやしたいことも多かったりして、あれもこれもと欲張ったプランになりがちです。

予算もあるでしょうから、一度にできないことは次回の旅行の時にするなどして無理のないプランにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました